精油の化学はなぜ必要なのか?

水平リーベ僕の船~
こんな風に周期表を覚えませんでしたか?

いつ頃習ったのかもうろ覚え、社会に出て役立った記憶もありません・・
が、しかーしアロマテラピーを学びはじめてこの化学が非常に重要ということを知りました。

さて、それは、なんででしょう。
精油は「有機化学」で、主にH(水素)、C(炭素)、O(酸素)が関係しているのです。
結合の手がいくつなのか。そして、酸素がくっついてしまうと、酸化がすすんでしまう・・
香りを楽しむためでなく、トリートメント等で皮膚塗布したあと、身体にどのような影響があるのかを知る必要があります。

ナード・ジャパンのアロマテラピーでは精油の化学をしっかり学びます。

今回、レベルアップセミナーにて三上杏平先生から「アロマテラピーのための精油の化学」基本編を学んでまいりました。

アロマ講座にて、フィードバックしていきます。
他の協会で資格をお持ちで精油の化学について気になる方は、お気軽にお問合せくださいね。

 

Follow me!

LINE@ご案内

主にWebサイト更新情報、講座案内、そして、お得なクーポンも配信しちゃいます!

スマートフォン、タブレットでLINEアプリが入っている場合に登録可能です!友だち追加されたことは、管理人の私でもわかりません。

個別メッセージも送れますのでお問い合わせもこちらからどうぞ!