ローズマリー軟膏の作り方

寒くなってくると、かかとがガザガザになりませんか?
市販のクリーム毎日塗ってもなかなかよくならないのですよね。
保湿保護作用のあるローズマリー軟膏の作り方を紹介します。

今年は、6月に山梨で摘んできたローズマリーでチンキを作っていたので、それを使い軟膏を作ってみました。
※チンキは、無水エタノールにローズマリーを入れて2週間~1ケ月かけて作ります。※作成時blogへ 完成blog

ローズマリー軟膏は、ローズマリーに含まれる「ウルソール酸」という成分がシワにいいそうです。
ワセリンは、皮膚の保湿保護作用があります。皮膚のひび割れあかぎれによいです。(ドラッグストアに売ってます)

作り方

1.ローズマリーチンキとワセリンを準備(私は白色ワセリンを使いました)

2.ビーカーにローズマリーチンキ10g、ワセリン20gを入れます。(1:2であれば量はご自由に)

3.よく混ぜながら湯煎します。(ヤケドに注意)

根気よく混ぜアルコールを飛ばします。私は15分くらいかかりました。
換気しながら行ってください。

4.よく混ぜたら、鍋からおろして粗熱を取りクリーム容器(ちゃんと消毒しましょう)に入れます。
固まったらふたをして保存します。ラベルも貼っておきましょう。


※注意

・使う容器は、全てアルコール消毒して使いましょう。
・使う前にパッチテストを行ってください。
・手作りなので早めに使い切りましょう。

Follow me!

LINE@ご案内

主にWebサイト更新情報、講座案内、そして、お得なクーポンも配信しちゃいます!

スマートフォン、タブレットでLINEアプリが入っている場合に登録可能です!友だち追加されたことは、管理人の私でもわかりません。

個別メッセージも送れますのでお問い合わせもこちらからどうぞ!