認知症予防のためのアロマテラピー

認知症予防のためのアロマとは

数年前、某テレビ番組にて、鳥取大学の浦上教授(専門:脳神経疾患・認知症(アルツハイマー病))が認知症予防のための精油の紹介をしたことでかなり世間に知れ渡りました。

研究の結果、「嗅神経を刺激すれば海馬の機能が回復する事を発見」し精油に注目したそうです。

日中は、交感神経を優位にするために、元気に活動できるよう「ローズマリーカンファー」と「レモン」の精油の香りを嗅ぐ。比率:「ローズマリー:レモン=2:1」
そして、夜は、副交感神経を優位にぐっすりと眠れるように「ラベンダーアングスティフォリア」と「オレンジ・スイート」の香りを嗅ぐことというものが紹介されました。比率:「ラベンダー:オレンジ=2:1」

放送後アロマ専門店では、この精油が売り切れてしまったとか。

使い方

日中は、活動していることが多いでしょうから、アロマペンダントをして香りを嗅ぐ。2時間程度。
夜は、寝る前1時間前に寝室にディフューザーで香らせて、就寝後1時間で止めるくらいがいいそうです。
2時間のタイマー付きのものがいいですね。

昼2時間、夜2時間です。ずーーと香らせておくものではありません。

どこで買えるの

アロマ専門店では、昼用アロマ、夜用アロマとしてブレンドされているものが売っています。
Tears of aromaでは、フレーバーライフの製品の販売をしております。

ペンダント付き精油(朝用または夜用の1本)は、3,000円(税抜き)
朝用精油は、1,500円(税抜き)
夜用精油は、1,500円(税抜き)

セットでお買い上げいただいた方には、アロマストーンをプレゼントします。

自分でブレンドして使いたい方は、精油単品のご注文もお受けします。
フレーバーライフ、プラナロム精油を扱っています。
また、配送をご希望の方は、別途送料がかかりますのでご了承ください。

ご注文は、お問合せにてお願い致します。

どうして、ローズマリーやレモン、ラベンダー、オレンジスイートが認知症の予防にいいと言われるのか?アロマテラピーを学んでいる人は、なるほどと思うはず。あなたもアロマテラピーを学んでみませんか。

※参考記事

 

Follow me!

LINE@ご案内

主にWebサイト更新情報、講座案内、そして、お得なクーポンも配信しちゃいます!

スマートフォン、タブレットでLINEアプリが入っている場合に登録可能です!友だち追加されたことは、管理人の私でもわかりません。

個別メッセージも送れますのでお問い合わせもこちらからどうぞ!