香りの扉、草の椅子

「香りの扉、草の椅子」萩尾エリ子著

この本を読んだ後、エリ子さんに会ってみたくて「蓼科ハーバルノートシンプルズ」まで行ってきました。
そして、この本にサインをいただき一緒に写真まで撮らせていただいたのです。

内容は、

蓼科の四季
ハーブのある暮らし

ハーブや精油の使い方やレシピも掲載されています。

瓶の中から立ち昇る香気はきっとあなたに、御用は何ですかと問いかけるでしょう。
アラジンの魔法のランプのように、その時、必要なものはこれ、ということができたなら、
あなたは自分にも人にも、役立つ人になるはずです。

素敵でしょ。文章が語り掛けるように柔らかくて癒されます。