テンプレートとプラグイン

Word Pressのインストール

レンタルサーバーが決まって契約完了したら、まずは、Word Pressをインストールします。

chie
例えていうならば、レンタールサーバーは、土地を借りたと思ってください。まだなんにもない状態の土地ですね。
その土地にまずは、家を建てます。その家がWord Pressです。

 

レンタルサーバーによっては、「簡単インストール」が準備されていますので、はじめての方は、このようなサービスがあるところを選ぶといいです。データベースも同時に設定します。
マニュアル通りに設定していけば大丈夫です。

テンプレート(外観)を決める

Word Pressにはあらかじめテーマ(デザイン)がいくつかあります。
また、他にも無料で提供しているテンプレートもあるし、有料のものもあります。
いろいろ検索してみて見つけてみてください。

chie
お家を建てたけど、塀や庭はまだなにもない、ポスト、表札も付けなきゃ・・ちょっと苦しいけどこれがテンプレート(外観)かな。
ご自身のセンスで住みやすい環境を作りますよね。
テンプレートは、Webサイトの見た目のデザインを決める部分です。

プラグインを入れる

ページを作ったりしているとこんな機能が欲しいな~というものは、だいたいプラグインで解決できます。(本当は自分で作れればいいのですが、そこまでのスキルはない・・)
サイトでは、必ず「お問合せフォーム」を設置しますよね。予約フォーム、申込みフォームも同じです。
名前を入れる枠をつくったり、送信ボタンをつけたり、送信したらどこのメールに送信するかの設定は、とても大変な作業です。この作業がスムーズに出来るプラグインがたくさんあります。
有名どころでは、「Contact Form 7」でしょうか。

その他にも、写真を一括でリサイズしてくれるものとか
人気記事一覧の表示とか、いろいろあります。

でも、なんでも入れてしまうのもいろいろと問題が出てくるそうです。
必要最低限なものだけにしましょう。

chie
プラグインは、家電かな。電子レンジとか、洗濯機とかないと不便でしょww

 

今回はこの辺で・・つづく

更新情報を受け取る