コンテンツの中身が大切

コンテンツとは

日本語で「中身」という意味。
インターネットでは、Webサイトの文章や画像、動画等を意味します。

前回までの記事でワードプレスやプラグイン等で枠(家や家電)は出来上がりましたね。
次は、中身ですよ。

どんな人が住んでて何をしているのか、何が出来るのかを記すものがコンテンツです。

個人経営の教室やサロンの場合

コンテンツ例

屋号、「お店の名前」
あなたの「プロフィール」
どこにあるのか「住所」
オプションでマップを付ける
「問合せ先」
問合せフォーム
電話番号
メールアドレス
サービス項目
サービスメニュー
料金
予約受付
電話orメールor予約フォーム

固定ページとして最低限必要なものです。

質問
固定ページって?
chie
固定ページは、Webサイトのメニューになるコンテンツです。あまり更新の必要がない基本的な情報に向いているよ。

そして、Webサイトとは別に無料のblogサービスを活用して日々のお知らせや出来事は、blogで発信している人が多いです。
blogを見ていて、このお店の情報を知りたいと思ったとき、Webサイトのほうを見ないと情報が見れません。
また、Webサイトを見ている人は日々の更新のblogがあることに気が付かなかったり、全然更新されていないけどやっているのかなと不安になります。

blogもWebサイトに組み込む

WordPressの「投稿」が、blogと同じ機能として使えます。
そうすれば、Webサイトとblogと1つの家で運用できるのです。

個人事業主でも、商売するばらば、無料blogを卒業しましょう!

「コンテンツ イズ キング (Content is king)」

コンテンツこそがインターネットの主役であり、王である。

中身のないWebサイトなんて誰も見てくれません。
とにかく発信側が誰に対して何を伝えたいかを充分検討すること。
また、自分が受信側だったらを考えると答えは出ると思います。

例えば、サービスの内容を見て申し込みたいと思ったときに、そのページに申込方法が書いてなかったらお客さんは申し込めません。

コンテンツ内容は、十分に検討してください。

chie
はじめてWebサイトを作ろうと思ったときには、まずはこのコンテンツを十分検討することから始めます。内容が決まったらサーバー借りたり等の準備をすすめます。

 

コンテンツの中身については、ご自身で決めていただく必要があります。(アドバイスはします)
Webサイト制作は、おまかせしたい等お気軽にお問合せ下さい。

 

更新情報を受け取る


ご相談

Webサイト新規制作の相談

現状サイトを見直したい等の相談は、お気軽にお問い合わせください。